ケント白石の科学的写真術講座 - 世界に発信しよう

ケント白石の科学的写真術講座 - 世界に発信しよう

ケント白石の科学的写真術講座へようこそ!

初めましてこんにちは!ケント白石です。

さて最初にお尋ねしたいのは、皆さんが写真を撮る目的は何でしょうか?

「楽しいから!」もしそう答えられた方は幸せです。

実は僕もそうなんです。楽しいから写真を撮っているのです。苦しい大変な事をしてまで写真を撮りたいとは決して思いません。あくまでも楽しく、写真を撮ることで人生を楽しくしようと考えているのです。

そもそも現在の写真は『科学技術と感性の融合』です。だから僕は皆さんに科学的な写真術を講義します。

またここは普通の写真講座ではありません。だってノウハウだけお伝えしても面白くないじゃないですか。それじゃあコミュニティにする意味がありません。一方で、写真「道」のようなガチガチにスタンスを強要するような場でもありません。ルールはひとつ、参加している皆が楽しめるような行動を心がけること。巷のカメラ講座なんかに多い機材自慢、他人の作品批判等ノイズは一切不要です。

ここはスマホで写真を撮ることが大好きな方から、世界を相手に本気で勝負したい方まで対象にした、楽しいカメラコミュニティです。メーカー事情等でいろいろと縛りの多い「プロ」にはなかなか撮ることの出来ない様な作品を撮ります。会費は、半分はノウハウ代、半分はコミュニティ参加費だと思って下さい。皆さんはこのサロンに入会したと同時に、写真という共通項で繋がったアート集団へ仲間入りをします。一度きりの人生です。ビビッときた方、ここから世界に飛び立ちましょう。

『ケント白石の科学的写真術講座・動画でご案内4分間』

2016年11月30日「カメラの日」にこの講座が紹介されました!

 

オンラインコンテンツ

僕の講座に入会する場合、入会時に
・本名
・ペンネーム
・生年月日
・現住所
・実際に繋がる電話番号など入力いただく必要があります。
そして「なぜケント白石の講座に入会したいのか?」あるいは「何をここで学びたいのか?」を書いて下さい。
またプロの方、そして写真の「・・・協会」等に所属している方は入会できません。純粋にアマチュアで写真をとことん楽しみたい方のための講座です。
※より安全で快適なサロン運営を行っていくため、上記のルール違反が発覚した場合、強制退会となりますのでご注意ください。
※プロカメラマンは「広告」「アート」「報道」など扱うジャンルに関係なくお断りさせていただいております。

尚、システムについて要望や問い合わせ等ございましたら、以下のURLまでご連絡下さい。
https://synapse.am/contact/

・・・・

サロンでは僕以外の入会を許可された皆さんは、全員ペンネームを使います。そして皆さんが撮影した写真を投稿いただく事から講座がスタートします。つまりまずは皆さんの実力を僕が把握する必要があります。
その上で大切な次のポイントを講座の柱に考えています。

********

★スマホ写真
写真術の要素は色々あります。
しかしそのほとんど大切な要素は「スマホで撮影」した作品から学べます。よって初心者は「スマホで撮る写真術」を楽しく学びましょう。

また初心者を卒業した皆さんにとってこれから大切な事は「目的」と「意識」です。必要な知識は「カラーマネジメント・撮影・現像・印刷」。いずれも重要なのは科学的に考える事。つまり何故そうするのか?「目的」を実現するために、意識と知識を持つ事。それをしっかり学びましょう。
そうすれば、今まで以上に写真がもっと楽しくなるはずです。

★写真講評

スマホで撮影した作品、一眼カメラで撮った作品、世界を目指す作品群などなど、
毎月写真を投稿して頂き、その中から個性的な作品、もっとこうすれば良くなると思える作品を選択して講評します。大切な事はどんどん写真を撮る事が楽しくなる様な方向へ進むこと。この講評を見るのが楽しいと思える様にワクワク期待出来るようにしたい。

★ケント白石のここだけの話
これまで僕は「Kent Shiraishi Photo Studio」という人気のブログを5年以上書き続けていますが、この講座でも皆さんの役に立ちそうな話題を書きます。「セルフ・ブランディング」の話もどんどん書きます。
特に公開ブログでは書けない様なリアルな話題やテーマについて書きます。これが学びにとても役立つはずです。ぜひぜひ楽しみにしていて下さい。
(もちろんここでの記載事項・文章・写真等は持ち出し禁止です。常識ある大人の皆さんのサロンですし、長く講座を続けるためにもその辺はご理解下さいね。)

★コミュニティの提供
皆で機材の事(機材自慢ではなく疑問点など)や撮影に関する事など話し合いましょう。「・・・が上手く撮れない、どうしたら撮れるのか?」とか、そんな悩みでも何でもOKです。もちろん僕も交じって意見を書きます。

★オフ会活動
僕の写真講座は受講生が全国にいるので、皆さんが各地で盛んにオフ会を開いています。受講生の皆さんが自ら積極的に活動するのもこの講座の大きな特徴の一つだと思います。

2017年4月は受講生の協力によって、東京のソニーストア銀座で公開講義、および六本木のDMM本社で写真講評会を開催しました。また同年9月に室蘭で開催された『撮りフェス』も受講生が実行委員のメンバーで、Kentも参加しました。さらに11月は九州の長崎から始まり、そのまま北上しながら、全国で受講生だけの写真講評会・懇親会を開催しました。2018年は、今現在最高の解像度である8Kモニターを講義に導入。春にはその8Kモニターで審査するフォトコンテストを講座内で開催し、優秀作品35点を、札幌市のギャラリーカフェで展示しました。今後も受講生の皆さんが楽しく参加できる色々なイベントを行う予定です。

*******

今現在世界中のフォトコンテストで入賞者が相次ぎ、嬉しい報告がどんどん寄せられています。
でもそれは当然で、受講生の実力がドンドンUpしているからです。これから益々世界で活躍する受講生が増えることでしょう。
少なくともKentはそうなると確信しています。

とにかく楽しく学ぶ!これが一番大切です。
あとはちょっぴり、入会する勇気があれば大丈夫!一緒に楽しい仲間になって、人生をエンジョイしましょう。

僕の講座に入会して、「人生が変わった!」、そう言われた方が多数おります。

もちろん入会するのに、入会金は必要ありません。つまりいつでも一ヶ月単位で、自由に入退会出来るのです!
ですからまずは一ヶ月、試しに入会してみませんか?
もしかすると、あなたの人生も変わるかもしれません!
わずかなきっかけや出会いで、人生・生き方が変わる事はけして珍しく無いのです。

Let's try!
楽しみにお待ちしております!!

オフラインコンテンツ

■リアル写真講評会(参加費別途)
直接皆さんとお会いして、各自が創作された作品の講評会を行いたいと考えています。また2次会では撮影や写真に関わる事、世界に出て行くための戦略や意識等についての質問、何でもお尋ね下さい。
この講座の受講生だけが参加できるとても有意義な講評会にしたいです。実際の講座の中で、皆さんのご意見を聞きながら色々決めていきたいと思っています。

■サロンメンバー発オフ会
せっかくのコミュニティですから、皆さんの横の繋がりも素晴らしいものにしていきたいと考えています。ですので皆さん、どうぞ積極的にオフ会を開催してください!ライトな交流会から一緒にツアーを巡ってもOK。そして、サロンでの出会いが濃いものとなって素晴らしいご縁になればこの上なく幸いです。

会員種別

当サロンには「街角アーティスト」「世界に発信する写真家」という2種類の会員プランがあります。

まず初めは皆さんは「街角アーティスト・ユニット」としてスタートしますが、希望者を対象に近い将来世界を目指す上級者向けプラン「世界に発信する写真家」の進級試験を実施する予定です。

会員種別の詳細は以下のようになります!


■街角アーティスト
受講料は3,240円/月

【内容】
まずは日常的に「スマホで撮影」する事から楽しく学びましょう。
スマホで撮る撮影術で、写真の基礎的な知識の殆どが学べます。ここからが初心者のスタート地点です。

次に基礎技術と基本的な考え方を僕や皆さんと交流する中で学びましょう。疑問点や質問を皆で発言して解決していくのも楽しいです。そういう場も作ります。 楽しい写真仲間がどんどん増えるかもしれませんね。

また、参加される皆さんの多くは「加工」や「現像」を知らない、あるいは上手に出来ない方も多いと思います。そこでこのユニットでは「現像を学ぼう!」というコンテンツも考えています。実は一度「現像」を学びますと、もはや知らなかった自分には戻れません。つまり「もっと早く学ぶべきだった!」、そう考える方が大多数です。それほどに「知らない事は恐ろしい事」です。しかし同時に「知る事は楽しい事」でもあります。そうです。ここでは楽しく上達するのが目標です。 楽しんで楽しんでどんどん上達しましょう。

世界を目指す方はもちろんですが、日頃から「スマホで撮影」して楽しんでる方、
・「スマホで撮影」しながら、日頃から写真を撮って楽しんでいる、でももっと上手になりたい!そう考えている皆さん。
・一眼カメラを使い、しっかりカメラを構えて撮影している本格派。
・世界を目指すまではいかないけれど、でも本格的に写真を学びたい
そんな方々にもおすすめです!


■世界に発信する写真家・ユニット(進級試験合格者のみ)・・・10,800円/月

【入会条件】
① 「世界に発信する写真家・ユニット」への進級試験合格
② Adobe社による最新の「Lightroom」とそれを動かすマシンを持っていること、RAWデータを共有できる環境にあること、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼レフカメラを持っている
※カメラやレンズは支障なく撮れるものでしたらどんなものでも構いません。

【内容】
「世界に発信する写真家・ユニット」では2つのコンテンツが柱となります。

① 技術的な事を学ぶ(撮影現像はもちろん・世界のトレンドから考える被写体やテーマ等の研究・作品の仕上げ・創作を学ぶ)
② 世界で販売するためのトレンド情報を研究し・セルフブランディングを学び実践する。

このどちらもが世界に発信するには同じ様に重要です。

*****

具体的に①に関してまず次の事を学びましょう。

■現像の実践的な学習をする。
僕の提供するRawデータ、もしくはテーマを決めて撮影した各自のRawデータを現像して作品創作。 いずれも全作品を全員が観賞する。もちろん僕も全作品を観賞します。
また作品を通して現像技術の違いはもちろん、各自の発想の違い、個性の違いを学んでいく。
この学習方法はおそらくこれまで殆どされておらず画期的でしょう。

ここで良く勘違いしている素人の疑問を書いておきます。「現像の達人」=「レタッチャー」。 実はレタッチャーと言う仕事があります。お金をもらって現像する人、つまりそれを仕事にしている人達の名称です。たしかに彼らは優秀な技術者ですが写真家ではありません。
その真意を僕の講座で学んで下さい。 世界に出ていくためには技術はもちろんですが、実はそれ以上に「発想」の違いが大きな創作の違いを生むと感じています。

そして②に関して学ぶ中で重要な事はたくさんありますが、意外と見落とされているのが次の事です。

■「セルフ・ブランディング」を学び実践していく。
世界に発信出来る写真家は単に「写真が上手い人」ではありません。 セルフ・ブランディングに成功した写真家です。 まず日本ではその事を正しく理解している人が少ないと思います。 僕達はその事を理解した上で、世界に出ていくための「セルフ・ブランディング」を学び実践しましょう。

■情報を共有する。
世界に発信していくために必要な情報を共有し学ぶ。 毎月色々なテーマや情報を僕が提供します。 それについて質問・感想はもちろん、皆さんで疑問等を話し合って下さい。 例えば、『世界で写真に関する販売や著作権についてとか?』、 色々な話題や疑問を皆で話し合って解決していく。あるいは今すぐ答えの出ない解決出来ない事でも、話し合う事で共通の問題として認識出来ます。 サロン形式の長所を最大限活かしましょう。

サロンオーナー

ケント白石
ケント白石

北海道札幌市出身。現在は北海道美瑛町に在住。2011年米国National Geographic社主催で実施されるWeb上の国際フォトコンテストに日本人として初めて入賞。また翌年同じく日本人として初めて米国アップル社の広告に大きく採用され5年間の独占契約を結ぶ。主力販売機種であるiPhone、MacBook Proはもちろん、iPadやiPodなどすべての機種の壁紙になる。さらに昨年、新たに3年間の延長契約を結び8年間と言う異例の長期契約となる。またその結果、美瑛町にある「青い池」は世界的に有名になり、町の観光客数の増加に大きく貢献。さらに冬に凍る「青い池」を2014年12月より冬期間ライトアップするプロデュースを手掛ける。そしてその 情 景 を 撮影した写真は直ぐに世界で話題になり「青い池」に関する一連の作品はWeb上で19ヶ国語に翻訳され世界中で閲覧・観賞されている。写真家として世界に通用する発信力に拘り、また北海道を世界的な観光地にするために、Photo Producer & SAMURAI Photographerとして日々作品創作しながら世界に発信中。

サロンプランを選択する