ログイン・会員登録

Synapseはオンラインサロン・プラットフォームです。>もっと詳しく

ビットコイン&ブロックチェーン研究所

ビットコイン&ブロックチェーン研究所

ビットコイン研究所サロンとは?

ビットコイン研究所サロンは、ビットコイン及び、イーサリアム、その他アルトコインなどの情報を専門的に扱う会員制の研究所です。

本研究所で扱うテーマは次のとおりです。

・ビットコイン業界動向(とりわけ価格に影響をもたらすニュースや動向について解説します)
・ビットコインビジネスの分析(国際送金、各種ウォレット、デビットカードなど、個別の事例を分析します)
・ビットコインの技術(マルチシグ、スケーラビリティ、サイドチェーンなど踏み込んだ解説をします)
・アルトコイン全般(ETC, Augur, Factom, Zcash、Monero、Ripple, NEM, Storj など)
・イーサリアム全般(技術、ビジネス、IoT、分散型予測市場など)

また、匿名で何でも質問できるフォームを用意しています。ビジネス、技術、投資、なんでも質問ください。

ビットコインとイーサリアム、アルトコインに興味をお持ちのすべての方に有益なものを提供していきます。


初心者の方はこちらのビットコイン入門記事もご覧ください。

毎週のレポート内容

●現在、つぎのレポートを配信済みです。いずれも15-20ページ程度のレポートになります。ご入会いただけますと、過去のレポートを含めて、すべてのレポートがご覧いただけます。


054 クラウドマイニング入門(19ページ)
053 ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方−OSインストール及び設定、bitcoindのビルド編(24ページ)
052 Bitcoin Unlimitedの逆襲とSegWit拒否、これからビットコインはどうなるのか?(19ページ)
051 トランザクション展性(マリアビリティ)とはなにか?何故問題か?Segwitでどう解決するのか?(21ページ)
050 よくわかるビットコイン・スクリプト入門(19ページ)
049 ビットコインの安全な保管方法ーベストプラクティス5選(18ページ)


048「ビットコイン/ブロックチェーン業界の今のトレンドを考える」(15ページ)
047「Zcashについて:Dash・Moneroとの違い、FAQ翻訳、今後の見通し」(23ページ)
046「
スケーリング・ビットコイン特集-ビットコイン最新の技術動向」(17ページ)
045 ビットコインは匿名性を保てるのか?クローズアップされるプライバシーと代替性 (13ページ)
044トークンエコノミーの誤解とハイプの始まり(13 ページ)
043「ICOレビュー(Decent, Golem, Gnosis, FirstBlood)(13 ページ)
042「イーサリアムICO案件群の概要とスマートコントラクトのケーススタディ」(10ページ)
041「みなさんも作れるマルチシグウォレット」(26ページ)

040「マルチシグを考える。Bitfinexのマルチシグは何故機能しなかったのか?」(23ページ)
039「 ビットコイン内戦が終了-カリフォルニア会議内容まとめとビットコインの今後の見通し」(13ページ)
038「アルトコインマップ」(24ページ)
037「過去のGOX(取引所の破綻)に学ぶ事例研究」(13ページ)
036「初心者の自分もちゃんと理解しておきたい取引所が破綻したらお金が戻ってこない理屈」(14ページ)
035「The DAO事件の衝撃とEthereumの未来」(20ページ)
034「ビットコインアドレスで遊ぶ方法-任意の文字列をアドレスに埋め込もう」(13ページ)
033「知られざるマイニングファームの経営と実態 Genesis Mining Report」(17ページ)

032「Ethereum システムデザインパターン考」(15ページ)
031「事実は小説よりも奇なり?ナカモトサトシ騒動の全容」(16ページ)
030「開始2日で10億円突破するも黄色信号?THE DAOのセールを検証する(15ページ)」
029 「Myceliumのクラウドセールの詳細をレビューしてみる」(14ページ)
028「ICOの第二の波はただのバブルなのか?直近のICOプロジェクト5つを検証する」
027「ライトニングネットワーク入門(13ページ」
026 「ビットコインによるマイクロペイメントの技術と実例~ペイメントチャネル、OP_CSV、ライトニングネットワークとは?」(12ページ)
025「初心者でもわかるイーサリアム入門(19ページ)」
024「ビットコインにまつわる失敗話から学ぶ教訓」(全9ページ)
023「ビットコイン規制法案に対するコメント(全8ページ)」
022「サトシラウンドテーブルパネル:スケーラビリティセッション全和訳」(16ページ)
021「ビットコインのハードフォーク論争が決着。合意の内容と今後見通し、超初心者向けのFAQ」(全17ページ)
020「ビットコインデビットカード3種比較と裏話:レート、日本で利用可能か?紛失対応まで」(全25ページ)
019「Bitcoin Classic&Bitcoin Unlimited ビットコインブロックサイズ議論の最新と今後」
018「イーサリアムの購入方法、ウォレットなどの基礎知識、過去の3度の上昇時のケーススタディ、現在の材料や次期バージョンの見通し、トレード戦略など」
017「マイク・ハーンのビットコイン失敗宣言は本当か?」
016「ビットコイン・ハードウェアウォレットは安全か?。TrezorとLedger Walet比較レビュー」
015「ブロックチェーン2.0は本当にゲームチェンジャーなのか?」
014「Q&A特集。ポイント交換サイトについて、CHECKLOCKTIMEVERYFY、シリコンバレーのおすすめスタートアップ、イーサリアムのPoW、SPVプルーフとは?」
013「スケーリングビットコインまとめ:ビットコインはスケールするのか?香港の会議ではどのような結論が出たのか?」
012「ビットコインデビットカード:ビジネスモデルとその可能性」
011「ブロックチェーンが支える2035年の常識」
010「ブロックチェーン発展の歴史(2) -イーサリアム、許可型ブロックチェーン、サイドチェーン編」
009「ブロックチェーン発展の歴史(1) -アルトコイン、カラードコイン、2.0コイン編」
008「ビットコイン保管の基本理論とウォレットの使い分け」
007「暗号トークンとコンテンツ転売市場の可能性- Tokenlyケーススタディ」
006「騰がるコインを見抜く4つの法則。アルトコイン投資必勝法」
005「許可制(permissioned)ブロックチェーンの基礎。パブリック型、コンソーシアム型、プライベート型の3類型を理解する」
004「続・ハードフォーク。ビットコインのハードフォークが招く最悪の事態とは?」
003「有価証券市場へのブロックチェーンの応用- Nasdaq, T0, Symbiont 事例研究」
002「orb, Mijin、国産ブロックチェーンを読み解く」
001「ブロックサイズ論争と、その影響範囲。ハードフォークとはなにか?」

●週末にお届けする、今週のニュースまとめでは、次のようなものを提供しています(以下サンプルです)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ビットコイン・ブロックチェーン毎週のニュースのまとめ(2015/xx/xx号)
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●EU法廷、ビットコイン取引をVAT非課税と判決。
http://btcnews.jp/eu-bitcoin-exchange-is-now-tax-free/

●t0.com、暗号証券取引プラットフォームのβテストを完了。
https://bitcoinmagazine.com/articles/t-com-completes-successful-production-beta-test-of-its-crypto-exchange-platform-1445031984

●Coinprism、金融機関をターゲットにしたオープンソースのDistributed Permissioned Ledger「Openchain」をローンチ。
http://www.coindesk.com/coinprism-launches-open-source-distributed-ledger/

●The great pivot? Or just this years froth?
http://www.ofnumbers.com/2015/10/16/the-great-pivot-or-just-this-years-froth/

・ビットコイン・ブロックチェーン企業のピボットのまとめ。
・シリーズAで資金調達したが目立ったポジションを獲得できてない企業(Abra、BitGold、Bitreserve、ChangeTip、Chain、Circle、Cryex
Mirror、Peernova、Vogogo)
・ピボットした企業(BTC ChinaはBTCCへ。itBitは取引所に加えBankchain立上げ。DAHは当初ビットコインブロックチェーンを使う計画だったがHyperledgerを買収しスコープ拡大。SymbiontはCounterpartyプラットフォームを使う計画だったがPermissionベースで構築)

●BBVAの考えるスマートコントラクト応用
https://www.bbvaresearch.com/wp-content/uploads/2015/10/Digital_Economy_Outlook_Oct15_Cap1.pdf

・担保物件の所有権情報とあわせて契約を格納し、支払が滞ると担保物件へアクセスするデジタル鍵がはく奪されるローン契約。
・死後に資産割当が自動的に行われる相続。
・所有権が売り手から買い手へ移ったことをモニタリングした上で、資金移動を自動で行うエスクロー。
・日々の引き出し可能額を制限したり、特定地域でのみ使用可能としたり、ある期間だけ有効といったコントロール可能な暗号通貨ウォレット。

サービス内容

●毎週の研究レポート

毎週月曜日にレポートを配信します。15-25ページ程度で、次のような話題をカバーしています。

・価格を左右する重要ニュース解説
・ビジネスモデル、サービスの事例分析
・技術解説
・いまさらきけない基礎講座

●毎週のビットコイン&ブロックチェーン関連のニュースまとめ

内外のメディアやニュースソースから、ビットコインとブロックチェーン関係の新サービス、動き、記事をまとめたものをお送りします。英語の記事は簡単な内容まとめ付き。すべてを網羅しているので、これさえ読めば、1週間のすべての動きを追うことができます。業界人必須のコンテンツ!

毎週末に配信しています。(提供: satoさん)

●無制限の質問コーナー
名前やフェイスブックのIDを明かさず、匿名で質問できるフォームをご用意しています。
気兼ねなくご質問ください。
ビジネス、技術、投資、基本事項の確認、なんでもお応えいたします。
質問料はゼロです。何度でも、無料で、質問できます。

●記事内容のリクエスト
レポートで取り扱う内容のリクエストが可能です。リクエスト頂いた内容にそって、当方がリサーチして分析し、記事にいたします。つまり、リサーチのコストがゼロになります。いつでもリクエスト可能です。

●ビジネスサポート
必要に応じて、人や会社の紹介などを行います。ビジネスサポートについては随時サービスを準備していく予定です。

入会メリット

・入会いただけますと次のようなメリットがございます

・(時間節約)最新のトレンドをわかりやすくまとめて解説
・(調査の節約)ビジネスレポート、事例研究
・(投資判断材料)ビットコイン関連のプロジェクトの分析、考察
・(ビットコイン保護)より安全に使うための情報
・(エディケーション)今まで難しくてわからなかった、基本的なことを正しく理解

・ビットコインユーザーの方へ

ビットコインについて、業界の動向を見極めたい方。また、最新のサービスを使ったり、より安全・便利にビットコインを利用したい方。

・ビットコイン、アルトコイン投資家の方へ

価格を大きく左右するような重要ニースや時事動向について、適時掘り下げて解説します。(例えばブロックサイズ問題など)
(※チャートなどのテクニカル分析は提供しておりませんのでご了承ください)

・企業の担当者の方へ

ビットコイン、ブロックチェーンについて、調査をしている、金融機関、ネットビジネス他のみなさま。
この業界とビジネス・テクノロジーにおける「論点」を解説いたします。

・起業家の方へ

ビットコイン、ブロックチェーンを利用した新しいサービスを考えられているかた、アイデアのヒントを提供します。
注目の会社や、ビジネスモデルを取り上げた分析を提供します。

・ベンチャーキャピタリストの方へ

この分野のどこが重要か?どこに投資すべきかといった見取り図とともに、トレンドが把握できる情報を提供します。

・技術者の方へ

ビットコイン、ブロックチェーンに関する最新の応用例、技術の動向について解説します。

Q&A

Q ビットコイン投資家ですが、入会すると有益ですか?
A はい。ビットコイン投資のためには、チャートの分析などの方法の他に、技術や、ビットコインコミュニティの動向を的確に把握する必要があります。それは英語であったり口コミベースで流れていたりしており、めったに翻訳されません。当研究所では、価格を大きく左右するそうしたコミュニティの動きや技術動向について、どこよりも的確に解説いたします。


Q アルトコインの話題も扱いますか?質問できますか?


A はい。多くの会員がアルトコイン投資家です。アルトコインについては主要アルトコインの特徴・技術・見通しなどをまとめた「アルトコイン図解」のレポートほか、会員のみなさまからの質問に適時お答えしています。イーサリアムについても、厚くサポートしてます。


Q  ICO、クラウドセールに関する情報はありますか?
A はい。多くのクラウドセール案件に付きまして、プロジェクトの中味や将来性などのについての分析を提供しています。特に大型の案件に関しては10-15ページほどのレポートにまとめており、クラウドセールに参加する前にお読みいただくと、有益な情報になるかとおもいます。

Q  ビットコインは調査しはじめたばかりなのですが、ついていくことはできますか?
A はい。研究所のレポート内容は、いずれも深く踏み込んでいるものですが、解説は極めてわかりやすく行います。有用なものになるかと思います。

Q 質問コーナーでは、どんな質問でもできるのでしょうか?
A はい。基本的なことから、技術やビジネス、投資など、答えられる範囲で、どのようなことでも回答します。

Q 個別にビジネス相談や、お願いしたりすることはできますか?
A トラブル解決や、コンサルティングなど、個別のサポートが必要な案件については、ご依頼をいただければ別途費用で対応としております。将来的にサロン会費内での対応メニューも検討中です。

Q 企業ユーザーですが、あまり顔を出したくありません
A  はい。この研究所は、交流を想定したものではありません(サロン的なものではありません)。効率のよい情報収集にお役立てください。現在このサロン以上に情報を効率的にリサーチできる場所はないとおもいますので、費用対効果は抜群です。匿名の質問も行え、回答が得られます。質問は、何回行っても無料です。

Q 技術解説はどこまで詳しくやりますか?
A 技術抜きにはこの分野の動向は語れません。ですから、技術的な視点をベースに解説します。ただし、読者は、かならずしも技術的なバックグラウンドは不要です。技術のもつ意味、インパクトを解説するのが、研究所の役割です。

Q 個別に記事を購入したりすることはできますか?過去記事は読めますか?
A 個別の記事だけの購入はできませんが、過去記事については入会時点で、すべて閲覧可能です。

御意見番(アドバイザー)

下記、ビットコイン・ブロックチェーン界隈のスペシャリストの8名が、御意見番として参画しています。たまに鋭い解答をしてくれると思います。

Zakiyama 氏
言わずと知れた、BTC Newsの編集長。業界の最新ニュースにおいて、この人ほど詳しい人はいません!

佐藤さん(仮名)
仕事上の関係で名前は仮名だが、大手コンサル会社のコンサルタント。ビットコイン2.0の知識と整理については彼の右に出るものはいない。ビジネスモデルについては彼のご意見を聞くべし。毎週のニュースのまとめも提供いただいています。

Jimmy 本間氏
デジタルマネー協会代表。海外の事情や、ネットワークに関しては、彼の右に出る人はいません。あらゆる海外メディアをチェックしています!

宍戸建さん
Tokyo Bitcoin Meetup代表。日本のビットコインコミュニティーをずっと支えてきた方です。彼にいえば、どんなビットコイナーとでも繋がる!

杉井靖典氏
カレンシーポート株式会社 代表取締役 CEO。金融機関の決済システムへのブロックチェーン応用で、さまざまな技術開発や、サービス開発に取り組む。


志茂博氏


コンセンサス・ベイス株式会社 代表取締役。ブロックチェーンの実装で業界随一の経験をもつプロフェッショナル。


しゅうまいさん
超有名ブロガーであり、ビットコイナーのしゅうまいさんも参加。ユーザー視点から、バシバシと辛口の評価をいただけるはず!

後藤あつし氏
金融機関に勤務。規制関係や、金融機関へのビットコイン、ブロックチェーンの影響について鋭い意見をお持ちです。


日向理彦氏 
合同会社ジャノム代表。暗号やアルゴリズムのエキスパート。技術に関して詳しいアドバイスをしていただいてます!

研究所会費について

ビットコイン&ブロックチェーン研究所では、ステップアップ式の料金を導入しております。
アーリーアダプターのほうが低価格で入会できます。お早めにどうぞ。


240-300名 6600円+税 ※現在募集中


300名~ 7000円+税


400名~  8000円+税


500名~ 9000円+税


600名~ 10000円+税

お問い合わせ

Synapse(シナプス)はシナプス株式会社(旧名称:株式会社モバキッズ)が運営しております。お申し込みに関するお問い合わせや、退会手続き、その他システム・不具合・使い方などはよくあるご質問に掲載しております。

よくあるご質問:こちら

※営業時間は9時〜19時(土日祝、年末年始除く)となります。3営業日以上経っても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

一般会員(6600円+税)

料金:月額 7,128円

入会する

基本情報

サロン参加人数:259人

募集人数:270人(あと11人)

サロンオーナー

大石哲之、東晃慈

大石哲之
ブロガー/一般社団法人日本デジタルマネー協会理事
1975年、東京生まれ。
ブロガーとして、ビットコインとブロックチェーン技術がもたらす、社会の変化、新しいビジネスの可能性について、一般のひとでも分かるように噛み砕いて解説しています。
慶応義塾大学環境情報学部にてコンピュータサイエンス専攻、アクセンチュア戦略グループ、株式会社ジョブウェブの起業、株式会社ティンバーラインパートナーズ代表取締役(現職)を経て現職。

東晃慈
起業家、ビットコインエバンジェリスト

2014年9月よりいわゆるフルタイムビットコイナーとして、ビットコイン関連のサービス企画・開発、海外プロジェクトの支援、情報発信などを行っている。特に非技術者向けに、難しいコンセプトもかみ砕きわかりやすく説明することを心がけている。

現在はIndieSquareの共同設立者として、特に暗号トークンの領域に注力し、独自サービスの開発も加速させている。

1988年茨城県つくば市出身。高校卒業後渡米。カリフォルニア大学バークレー校環境経済学科卒。一年半ほど、企業でマーケティング&リサーチなどを担当し、2014年9月からビットコイン専業に。ブログは「ビットコインを語ろう2.0」

このサロンはFacebookグループ機能を利用しています。利用にはFacebookアカウントが必要です。

このサロンをシェア