ログイン・会員登録

Synapseはオンラインサロン・プラットフォームです。>もっと詳しく

元日本代表フットサル選手 江藤正博の海外思考

元日本代表フットサル選手 江藤正博の海外思考

サロン概要

プロ選手とファンのクローズドなコミュニケーションだけではなく、
・プロを目指す人たちに向けて、日本以外の選択肢があるという価値観の提供
・指導者の方々にも有益な、現在の国際的なフットサルのトレンドや戦術
・その他、指導のルーツとなる価値観の共有を行う、会員制のコミュニティサロンです。

江藤正博からのメッセージ

2015年、イタリアのローマに活動の拠点を変え、あらゆる生活が一変しました。
イタリア語が全く分からない状態から勉強を始め、イタリア語以外では英語を駆使してコミュニケーションをはかりながら、
現在は、共にトレーニングに励む選手たちや監督、コーチ、そして新しく出会う仲間と毎日楽しく生活しています。

丁度、2014年シーズンにFリーグに所属するアグレミーナ浜松というクラブでの契約を終了させた際、選手を引退し、
指導者への道を考えました。しかしそんな最中、突然、イタリア移籍というお話をいただきました。
瞬時に「チャレンジしたい!」とスイッチが入り、すぐに代理人の元でイタリア移籍に向けて動き始めました。

新しい環境の元で苦労することは多々あります。
しかし、それは当然のことであり、乗り越えるべき単なる壁です。
チャレンジした先に待っている成長した自分を思い浮かべると、ワクワクする気持ちしか湧いてきませんでした。

そして現在、イタリアでチャレンジする中で、新しい発見と驚きの連続!

当初、サロン開設にあたり、イタリアの戦術トレンドなどをお伝えしようと考えていました。
しかし、それ以上に「プロのスポーツ選手として活動することの本質」を伝えたいと思い、内容をシフトチェンジしました。

グローバル化が進む中で、サッカー界でも海外移籍は当然の選択肢として挙げられる時代です。
どんなスポーツでもグローバル思考の元、様々な選択肢があっても良いはず!
当然、自分が打ち込むフットサルというスポーツでも、そのグローバル思考は、これからの時代で必須になります。

日本以外にも選択肢があること。また、そこで活動すること。
これがプロのスポーツ選手として、自分の人生、時間に大きな影響を与えてくれるのは事実です。

あとは自分が経験したことがない物事に対して、怖がって足が動かないか!
ワクワクしながら飛び込めるか!

もし、プロのスポーツ選手として、または指導者なら・・・当然、選択肢は後者だと思います。

そのような方々と一緒に、グローバル思考で考え、そして世界のトレンドなども交えながら、コミュニケーションが出来ればと思います。

宜しくお願い致します!


江藤正博

スポーツで食べて行くことはギャンブルです!

「スポーツで食べて行くことはギャンブルです!」

好きなスポーツを、趣味としてではなく、生計を立てる仕事として、しっかりと結果を出せている人が日本にどれだけいるでしょうか?

ここで言う(結果)とは大会に出て優勝するとか、賞を取るという事ではありません。
生活をする事ができる!つまり、お金を稼ぐ仕事として、プロとして成り立っているか?という事です。

様々なスポーツが確立していない日本で、プロ野球やプロサッカーの脚光から、多くの子供たちはプロのスポーツ選手を目指しています。日本のスポーツ市場規模や提供できる価値を知らない人たちにとって、「スポーツで食べて行くことはギャンブル」に他なりません。

私は、2015年に日本のフットサルを離れ、イタリアのフットサルリーグにチャレンジを始めました。
サッカーやフットサルが日本よりも文化として浸透しているイタリアという国で、生活ができるだけの対価を貰いながら(=プロのフットサル選手としてプレーしながら)毎日トレーニングに励む中で感じる、多くの事があります。

・お金に対すること
・生活環境に対すること
・ひとりの人間として成長を実感すること
・スポーツを仕事にするということ
・夢と現実のこと
・スポーツ選手を囲む環境のこと

挙げるとキリがありませんが、自分が今リアルタイムで感じたこと、学んだこと、意識の変化などは、日本でプロ選手を目指す方々や、ス ポーツ選手を育てる指導者の方々にとって、とても大切な感覚だと思います。それらの感覚値、経験値、多国籍のプレーヤーがいるイタリアで得た情報などを交え、皆さんと当サロンを通じ、互いに成長できればと思っております。

是非とも、お集まり下さい!

提供コンテンツ

現在、私は、日本と8時間の時差があるイタリアに拠点を置き、単身、プロのフットサル選手として、フットサルリーグのセリエBに所属するパロンバーラというクラブでスタメンとして活動しています。
日本でFリーグのクラブに所属していた頃よりも多くの給料を頂いて、完全にプロとして活動、生活することが出来ています。
そこで、

【サッカー選手、フットサル選手、更には他の競技でプロを目指す選手の方々へ向けて】
●海外という選択肢
・日本で形のないブランドにこだわらず、選手生活を続ける方法
・日本人にはない、海外の個を意識する思考
・言語について

●プロとして
・キャリア形成の考え方

【プロ選手を目指す子供などを育てる指導者の方々に向けて】
・世界の指導のトレンド
・世界の結果を出している戦術、練習法
・世界の子供たちの意識や取り組む姿勢

以上をお伝えし、お互いに議論が出来ればと思います。
また、イタリアでプロとしてチャレンジするための情報もお伝えしていきます。

こんな方におすすめ

・本気でプロのスポーツ選手を目指す方(競技は問いません)
・プロスポーツ選手を目指す子供の親御様
・現在、プロとして活動しているが、海外での活動に興味がある方
・プロを育てる、ジュニアスポーツの指導者
・現在、プロクラブなどで選手指導を行っている方

入会特典

・江藤正博のフットサル理論の情報提供
・希望があればイタリアへの現地視察などもコーディネート(交通費、宿泊費、コーディネート費別途)
・その他特典は随時アップデート致します。

お問い合わせ

Synapse(シナプス)はシナプス株式会社(旧名称:株式会社モバキッズ)が運営しております。お申し込みに関するお問い合わせや、退会手続き、その他システム・不具合・使い方などはよくあるご質問に掲載しております。

よくあるご質問:こちら

※営業時間は9時〜19時(土日祝、年末年始除く)となります。3営業日以上経っても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

一般会員

料金:月額 1,000円

入会する

基本情報

募集人数:50人

サロンオーナー

江藤正博

2000年から2003年までフットサル日本代表に選抜された現役プロフットサルプレイヤー。

小学1年からサッカーを始め、中学2年から高校2年の夏までの間はドイツ・デュッセルドルフに在住、現地のインターナショナルスクールに通いながらドイツでサッカー人生を歩む。
帰国後は関西大学時代にサッカーと掛け持ちしながら、関西フットサルリーグ・カンカンボーイズでフットサルを始め、兵庫県選抜、日本代表を経験。
2004年、PREDATOR FCに移籍し、2007年のFリーグ開幕後はPREDATOR後身のバルドラール浦安、湘南ベルマーレ、デウソン神戸といった名門クラブを渡り歩き、2015年には所属していたアグレミーナ浜松からイタリアのフットサルリーグのパロンバーラ(背番号:7)に移籍する現役のプロフットサルプレイヤー。

【経歴】
・フットサル
カンカンボーイズ
2004年 - 2008年: PREDATOR FC/PREDATOR URAYASU FC/バルドラール浦安
2008年 - 2012年: 湘南ベルマーレ
2012年 - 2013年12月: デウソン神戸
2013年12月 - 2015年 : アグレミーナ浜松
2015年 - :パロンバーラ(イタリア)

・サッカー
トキワ少年サッカースクール
岡崎市立北中学校
International school of Dusserdolf
南山国際高等学校
関西大学TSC


江藤正博 公式ブログ
http://ameblo.jp/etomasahiro/
江藤正博 公式Twitter
https://twitter.com/ETO8100

このサロンはFacebookグループ機能を利用しています。利用にはFacebookアカウントが必要です。

このサロンをシェア