酒造ベンチャーサロン

酒造ベンチャーサロン

サロン概要

私は趣味で酒造りをしていた結果、京都に酒蔵を立ち上げました。
あなたにも出来ます。

こんにちは、フルーツリキュールフリークスの姉崎と申します。
この度、「酒造ベンチャーサロン」を開設しました。

このサロンの目的は三つあります。

1. お酒が好きな人たちと、お酒を飲みながら、酒造りについて考え、語る

2. 酒造免許について誰でも学べる場を作る

3. 具体的なビジネスプランとしての酒造業の紹介 

 

1. お酒が好きな人たちと、お酒を飲みながら、酒造りについて考え、語る

一つめは、「お酒が好きな人たちと、お酒を飲みながら、酒造りについて考え、語る」ことです。
僕らが考案した、自宅でも作れるリキュール(果実酒)のレシピを紹介しながら、
果実酒作りの悩むポイント(素材選び、製造工程、保存方法など)についての解説を行います。
そして、実際にその果実酒を飲んで貰います。
単にお酒を消費するだけではなく、作り手としての視点を持つことによって、
「酒造りで悩むポイントってこういうことか」
「同じ素材でも、作り方で全然味が違ってくる」
「産地が違うと味が違う。私は○○県の方が好きだな」
というように、お酒の作り方の理解が深まり、お酒に対する自分の考えが出てくるかと思います。
そうすれば、いずれは我々のレシピを参考に、自分でアレンジして作り出す人も出てくるかもしれません。
そんな風に色んな活動につなげて行けたら、お酒をもっと楽しく飲めるんじゃないか。
オンラインサロンならば、そんな新しいお酒の場を作れるんじゃないか、と考えています。
もっと言えば、そうした場で楽しんでくれる人を、僕らは真に必要としています。

 

2. 酒造免許について誰でも学べる場を作る

二つめは、「酒造免許について誰でも学べる場を作る」ことです。
僕らが酒造ベンチャー、フルーツリキュールフリークスを設立してからの2年程度で、
既に何名かの人から酒造免許の取り方を教えて欲しいという話がありました。
酒造免許は国税庁の管轄ですが、一般的な書籍などでは情報が無いため、
酒造業以外の業界から入ろうとすると情報集めからして非常に大変です。
また、年間を通して、税務書類を提出しなければならず、
免許の維持には、税務と酒造実務に関する知識が必要となります。
そうしたことを、普通の人が学びたいなと思っても、
学べる場所がネット上には一切無いため、
酒造免許について誰でも学べる場を作ろうというのが、目的の一つです。

 お酒

3. 具体的なビジネスプランとしての酒造業の紹介 

三つめは、「ビジネスプランとしての酒造業の紹介」です。
昨今、何かビジネスを始めたいと考える人は、それなりにいると思います。
しかしながら、そうした人の中に酒造業をやろう!と考える人は少ないでしょう。
そこで、僕らはオンラインサロンを通じて、酒造ベンチャーを紹介したいと考えています。
最近の居酒屋業界を思い返して下さい。
少し前までは、あのお店ならコストパフォーマンスの高い食事とお酒が楽しめると、大手チェーンがもてはやされていました。
しかし近頃では、大手チェーンの居酒屋はどこでも同じ味で面白くないと、お客さんのニーズが多様化してきたことよって、
そこでしか味わえない味、そこでしか出会えない人、といった個性的なお店が人気を集めるようになってきました。
居酒屋がそうなんだから、その一歩手前の酒造業に影響がないハズがありません。
最近の地ビール人気がその証でしょう。
大手酒造メーカーには作れない、ちょっとコストがかかるけど個性的な商品。それをどうやって作っているのか。
どうやって材料仕入れてるの?という初めのとこからお話します。
つまり、酒造免許を取るだけではなく、その後の酒造ベンチャーとしてのビジネスプランについても全部お話しします。

お金

 

※サロン名は税務署より指導が入ったため、3月末日までに変更となる予定です。

コンテンツ

・酒造ベンチャーにまつわる記事

毎週(月4回)、酒造ベンチャーにまつわる記事を投稿しています。
酒造免許の取り方というのが中心ですが、あくまでビジネスとしてどう成立させるかという視点で解説記事を書いています。

・お酒の送付

月に1回、弊社のお酒を送付いたします。お酒にはサロンメンバー向けの解説資料が付いてきます。

こんな人にオススメ

・お酒が好きだ
 →このサロンではお酒がついてきます!酒付きサロンはここだけ!

・普通のスーパーや酒屋に無いお酒を飲んでみたい
 →レアなお酒を中心にお届けします!

・飲み友達が欲しい
 →それがメインテーマの一つです!

・酒造業界に興味がある
 →裏話たっぷりです!なんてたって、許認可産業です!色々あります!

・起業に興味がある
 →弊社がどれだけ低コストで運用されてるかご説明しましょう!酒ベンチャーの小さい立ち上げ方を解説します!

・具体的なビジネスのノウハウを知りたい
 →マインドアップはお腹いっぱい?大丈夫です、僕らは具体的な商売の話が好きです。リアルなお金の話をしましょう!

・実際に酒蔵を立ち上げてみたい
 →僕らとなら簡単です!知識だけなら2ヶ月でマスターできます!

注意事項

当サロンの特典として、お酒の送付があります。
発送のため、ご住所とお名前、お電話番号の提示が必要となります。
また、20歳未満の方には、お酒を発送することが出来ません。
予め、ご了承下さい。

会員特典

【レギュラー会員】月額 4,980円

・毎月1本、季節の果実酒をお届け
・弊社酒蔵での飲み放題権を付与
 

サンプル記事

実際に投稿した過去の記事をサンプルとしてご紹介します。

---------------

第二回 フルーツリキュールフリークス設立までの経緯と反省点

こんばんは。姉崎です。
今回は、僕らの会社の設立までの経緯と、反省点についてお話ししたいと思います。
起業には(少人数の会社の場合は得に)正解とか定石とかなく、ケースバイケースで、その人その人の持っているスキルやリソースに合わせた起業をする必要があります。
そういう意味では、参考程度にしかならないかもしれませんが、一応ウチがどういう流れで設立にいたったのかというのを書いておきます。

■経緯
2012年12月
相棒の伊藤宅で自家製の果実酒を飲みながらコレで起業しようぜ、という事になった。
2013年1月
酒造免許、保健所の許可などの手続きを調べ始める。
食品工場として保健所の許可がいることが分かったので物件選びを始める。
「二階建ての民家」「事業に利用してよい」「工場としての改造が可能」
物件選びは難航した。
2013年7月
無事に物件が決まる。
改造に着手。
1.食品工場としての保健所の基準をクリアするべく排水溝の設置、壁紙の張替えなどを行う。
2.倉庫として使用できるように床下を補強。床板をはがして調べた所シロアリがいたので駆除業者を呼ぶ。
2013年8月
改造の目処が立ったので税務署に酒造免許を申請。すったもんだあったがなんとかなった。
2013年10月
商工会議所を通じて国から事業補助の融資を受ける。
2013年12月
改造が完了。本来なら出るはずの酒造免許が遅れて年越し。
2014年2月
酒造免許が交付される。
経済産業省にアルコール事業法の免許を申請する
2014年3月
アルコール事業法の免許が交付される
決算。売上0円で決算書を作った。
2014年4月
営業を開始

■開業費用
・家賃9か月分
・登録免許税
法人の設立(6万円)、食品衛生責任者講習(6000円)、酒類販売責任者講習(7000円)、保健所(1.5万円)、酒造免許(15万円)、アルコール事業法免許(3万円)
・火災その他保険料(1.7万円)
・設備投資
工事費(自分たちでやった。材料代だけ10万円くらい)
4000円の棚10個(4万円)、8リットルガラス瓶160個(600円*160個=10万円)、化学器具(10万円)、テーブル他(10万円)
・備品
パソコンとスマホとプリンタ等を買った

合計で120万円くらい。

■感想
なるべく安く上げたつもりです。それでもやっぱりそこそこかかりました。当時は100万円で収まると思ってました。申請中の家賃を除くと50万くらいですが、審査期間が思ったより長引いたというのがあります。

始めのころはパソコンと携帯は私物をつかってましたが開業後に壊れたので買い足しました。
意外と高かったのが税金関係と化学器具。化学器具はアルコール度数測定のための器具で蒸留器や浮標など。結構高い。度数の測定は酒造業者としての義務なので税金みたいなものですね。

■反省点
補助金をもらえなかったのが大きな反省です。
これは補助金の仕組みが分かっていなかったため。開業準備当初、役所で補助金について聞いたら「過去にさかのぼってもらえるやつがあるから起業した後に申請したらいい」と言われて創業しましたが、そんな補助金はありませんでした。
補助金は年度始まりの4月5月に集中してるので7月から動き出したのでは間に合わない。かといって免許がないのに補助金の申請をして通るのかという問題はある。もっと詳しければ上手にやれたはずで、2月くらいから商工会議所で相談した方が良いです(3月は混む)。

この補助金関係については、大事なところなので今後しっかりとレクチャーします。

■今、もう一度初めからするとすれば
税金関係の支出はどうしてもかかるので減らすのは難しい。法人設立費用の6万円くらい。個人事業でも申請できるし、個人事業の場合は法人よりも特例が多い。儲かってから法人に切り替えたらいいので個人事業で申請するのがオススメです。

また、これは実際に事業を始めてから理解したことですが、
工場の設立をすると設備投資がそれなりにかかります。また許認可事業者として毎月書類を山ほど書かないといけなくなり法務にかなりマンパワーを割かれる。税務と違って税理士もやってくれないので自分でしないといけない。難しくは無いがただただ面倒。「役所の書類を書くのが大好きハート」という人以外はうんざりする。締切に間に合わせる為に何度も徹夜。食品衛生の知識なども必要になる。と、お酒を造る以外の作業が本当に多くて大変です。

ワインで起業する人が良くやる手ですが、僕らのようにいきなり酒造免許を取るよりも、
むしろ酒販免許をとって酒屋として起業して、製造はすでに免許を持っている人に委託(OEM)する方が、最初はオススメです。
・製造設備がいらないので設備投資が少なくて済む。民家を借りて倉庫にして家賃と棚だけでいいはず。
・書類仕事が少なくて済む。その分営業や広報宣伝活動などの売上を増やす活動に時間が割ける。
・免許申請が簡単。何ヶ月もまたされて無駄に家賃を払うという事態を避けれる。
・事業がうまくいかなかったとき、在庫処分だけしたらすぐに廃業できる。工場だと撤去作業が最低でも20万くらいかかる。
・OEM生産分を無事販売できたなら(販路や顧客リストを得られたのなら)酒造免許を取得したらいい。
・酒販免許は酒造免許取得後も維持すればネットショップに他社の商品を並べられる。

というように、
お金を節約できるし、失敗の時の損失も減るし、スムーズに事業展開できます。
もっとも、そうした苦労をしてきたからこそ、このようなサロンにニーズがあるだろうと分かって、新たなサービスを提供出来ているという点はありますが。
このサロンでは、僕らのこうした失敗を元に話していきます。
質問などあれば、是非してください。

-------------------

これぐらいのボリューム(大体2000~3000文字+写真数枚)で月4回ぐらいの記事投稿とメンバー全員の疑問に全て答えて、お酒が1,2本(1本2500円前後+送料込み)が付いてきます。

サロンオーナー

フルーツリキュールフリークス
フルーツリキュールフリークス

姉崎亮太
1984年生まれ。重工系のエンジニアを経て、同級生で家電系のエンジニアである友人と共に、2013年3月酒造ベンチャー「フルーツリキュールフリークス」を設立。代表取締役社長に就任。
2014年2月に酒造免許を取得。民家を酒蔵に改修し、従業員2名の、恐らく日本で一番小さい酒蔵を設立する。
エンジニアという経歴を活かし、多品種少量生産の手法を取り入れ、2015年12月までに約30種類のリキュールを製造。
恐らく日本で一番ハイペースで新商品を作っている酒蔵となる。
クラウドファウンディングによる日本産アブサンの復活プロジェクト等、ITサービスを積極的に取り入れ、常に新しい酒造業の形態を模索している。

掲載実績はこちら

サロンプランを選択する