ログイン・会員登録

Synapseはオンラインサロン・プラットフォームです。>もっと詳しく

古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ

古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ

古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミへようこそ

『古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ』は元官僚、古賀茂明の配信する日々のニュースレター、コラム、動画などのコンテンツを通して、時事・政策へのリテラシー向上を目指すサロンです。一方的な情報・知識の伝達だけではなく、Q&Aやディスカッションなどを通じて、サロンメンバーと一緒にニュースや政策を観る目を養ってゆきましょう。

古賀茂明からのメッセージ

「ニュースや新聞を信じていいのかわからない」という声をよく聞きます。確かに、メディアの情報を見ているだけでは真実はわかりません。ましてや、それを鵜呑みにして、将来の自分の行動の指針にするのは、あまりにも危険です。


おかしな報道は、一見して判断できる場合もありますが、仮説を立てて、さらに取材と考察を重ねて初めて確信を持てる正しい結論に達することができるということも多いです。私の場合は、官僚の時に培った知見で、官僚はもちろん、政治家、業界、外国政府の人々の思考パターンを頭の中に置いて、情報を整理していくと、多くのことが見えてきます。


このサロンに参加していただいた方には、普通のメルマガのように単純な情報解説をお伝えするだけでなく、私の思考過程を失敗も含めて共有していただこうと思います。


その結果として、皆さんの時事・政策リテラシーの向上が実現しているというのが目標です。


そのためには、皆さんが、情報をどう読み解いているのかを書き込みなどでフィードしていただき、それを私も参考にしながら、私自身の考えをフィードバックする。そして、また、皆さんの考えを出していただくというサイクルができたらと思います。皆さんとの共同作業で、このサロンをどんどん進化させる。それが私の理想です。

コンテンツ一覧

⑴古賀茂明の辛口コラム(週1回程度)
ニュース、政策、その他のトピックについて古賀茂明の考えたことを定期的に配信します。twitterやメルマガ、紙面には書ききれないこと、公にはできないちょっぴり過激な意見や活動の舞台裏など、ざっくばらんに語ります。


⑵月刊古賀茂明TV -政策の裏側を解説(月1回、動画配信)
月ごとに、話題となっている”政策”について取り上げ、「なぜいまこの政策が議論されているのか」「どこにが論点になっているのか」といったことについて、官僚機構の内部や政治家の裏の顔を知り尽くす古賀茂明独自の視点や解釈を交えて詳しく解説します。また毎月サロンメンバーの質問を募集し、気になるものを取り上げてその場で回答します。
その他に月に1回、サロンメンバーの中から抽選で数名程度、実際の収録現場へ参加し、その場で質問したり議論に参加できる枠を設ける予定です。


例)
・カジノ法案の先にあるほとんどすべての役所の利権構造
・トランプとプーチンが日本の政策にこんな影響を与える
・年金廃止は暴論か
・「働き方改革」は30年前のテーマだった
・トヨタの敗北宣言は何故報道されないか
・学校の先生の仕事はただ一つ


などなど。


⑶雑談カフェ(不定期)
古賀茂明の日頃感じたこと、twitterに書ききれないこと、古賀茂明の日々の活動の中から「こんなこともしてます」「こんな人に会いました」みたいな話、おすすめの書籍紹介、そして、文字通りの『雑談』などを不定期で配信します。本題とは関連しない話題もあるかと思いますが、みなさんもあまり構えず、どこかのカフェで友達と雑談しているときのように気軽にコメントをいただけると嬉しいです。



⑷トークイベント、オフ会等(不定期)
政治家、評論家、各界の専門家の方を交えたトークイベント、カジュアルな飲み会などを年に2回〜4回程度開催します。

こんなひとにおすすめ

・ニュースや政策を観る目を養いたい
・古賀茂明のぶっちゃけ話が聞きたい
・他よりも一歩早い、他では聞けない、情報の解説を知りたい
・動画で政策の裏側について学びたい
・一緒に勉強する仲間がほしい
・古賀茂明、フォーラム4の活動を応援したい、様々な活動に参加するきっかけを見つけたい

お問い合わせ

Synapse(シナプス)はシナプス株式会社(旧名称:株式会社モバキッズ)が運営しております。お申し込みに関するお問い合わせや、退会手続き、その他システム・不具合・使い方などはよくあるご質問に掲載しております。

よくあるご質問:こちら

※営業時間は9時〜19時(土日祝、年末年始除く)となります。3営業日以上経っても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

一般会員

料金:月額 5,400円 7日間無料!

入会する

サロンオーナー

古賀茂明(こが・しげあき)

1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。産業組織課長として持株会社の解禁、産業再生機構執行役員、経済産業政策課長としてカネボー、ダイエーの再生など、経済構造改革の担当を歴任。 2008年内閣公務員改革推進本部事務局審議官として、霞が関改革の旗振り役に。2010年には、参議院予算委員会で、民主党政権の公務員改革の後退を公然と批判し、仙谷由人官房長官(当時)の恫喝を受ける。2011年4月東京電力の破綻処理策を日本で初めて提起して原子力ムラと対決し、度重なる退職勧奨の末に2011年9月退官。その後は、みんなの党、大阪維新の会、結の党などの政策ブレインとして活動するほか、利権と闘う経済改革、原発・自然エネルギー、特定秘密保護法、外交安全保障などの分野において官僚機構の内部事情に詳しい発言者として、雑誌の連載、書籍の出版、テレビ番組のコメンテーターとして幅広く活躍するが、2015年1月、ISによる後藤健二氏監禁事件に対する安倍総理の対応を批判し、「I am not ABE」というプラカードを掲げようと発言。同年3月報道ステーション金曜コメンテーターを降板。同年3月に「改革はするが戦争はしない」プラットフォーム『フォーラム4』を立ち上げる。2015年5月、外国特派員協会から、政治経済の裏側を鋭く報じる一連の著作や活動が評価され、第1回「報道の自由の友」賞(Friend of the Free Press)」受賞。 著書に『日本中枢の崩壊』(講談社)、『官僚の責任』(PHP新書)、『信念をつらぬく』(幻冬舎新書)、『利権の復活』(PHP新書)、『原発の倫理学』(講談社)、などベストセラー多数。

このサロンをシェア