人力!リアルタイム英文添削サロン・ワンズワード

人力!リアルタイム英文添削サロン・ワンズワード

サロン概要

英語でのプレゼン、英語での問い合わせなどが増えているビジネスパーソンが多いかと思います。 話すまえに英語を書いて覚えるのはとても効率的な英語学習方法です。 だけど、いまいち自分の英文に自信がない・・そんなあなたに最適なサロンです。 お送り頂いた英文は、サロンスタッフがリアルタイムで自然な英語にブラッシュアップします。 オマケとして弊社所属の先生からメールも不定期でアップ!

サービス内容

サロンの外国人スタッフが下記時間帯でリアルタイムで英文添削をし、 あなたの英文をよりナチュラルな英語にします。

 

実施時間:午前の部:毎日朝6時から9時 (月曜日から土曜日まではSusanが担当します。日曜日はMerlejoyが担当します)      

              午後の部:夜7時から11時まで (月曜日から土曜日まではKimが担当します。日曜日はMerlejoyが担当します)

 

送付の際のルール

1.一日お一人様2回までの送付が可能です。

2.英語教育上の観点からグーグル翻訳などを使って英文を作成するのはおやめください。

3.1回に送付する英文は50単語まででお願いします。 おまけ:オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」所属のアノ先生から 不定期で皆様宛てにメールをアップします。 英語習得に必要なリーディング、ライティングをこのサロンで学んでいただき、 スクールではスピーキングとリスニングを強化出来ます! これで英語がペラペラになる4技能の習得は完璧です。

オフ会: 弊社は多くのネイティブスピーカーが所属するオンライン英会話スクールを運営しており、 毎年のようにオフ会を開催しております。 今後はサロンメンバーにも開放し、同じような志しを持つ英語学習者の方々と知り合っていただき ワンズワードを通じて「英語学習者のコミュニティ」を形成していければと思っています、

活用例:

1.今度、英語でプレゼンをしないといけないが、どうしてもうまく英訳出来ない箇所があり、力を貸して欲しい。

2.海外のベンダー、あるいは会社に連絡したいが、正式なビジネスレターの書き方がよく分からないから、添削して欲しい。

3.今度、旅行に行くが、ホテルの予約をするために英文で問い合わせをしたいので、その添削をお願いしたい。

4.英語で日記を書いているが、そのブラッシュアップのために添削をお願いしたい。

5.これからオンライン英会話レッスンを受講する。その準備のためにいくつか英文を書いたが、どうもしっくりこないので、添削をして欲しい。

こんな方におすすめ

英語は「書ける」以上に「話せる」ようにはなりません。 「英語がペラペラになりたい!」と誰でも思っていますが、 そのためには「書いて覚える」ということが実は一番の早道です。

よりナチュラルな英語を身につけるには、何度も書きなおして 「日本語のような英語」から「英語らしい英語」にする作業が非常に重要です。 書けば書くほど、英語を話すこともうまくなるはずです。

 

ぜひこのサロンを利用して「外国人と英語でコミュニケーションが成立できる英語力」を身に付けましょう!

サロンオーナー

松岡祐紀
松岡祐紀

19歳でスコットランドの首都エディンバラに留学後、NYに渡りスタジオアシスタントを経験し、そのあとロンドンに2年住む。帰国後は、雑誌や広告などのフリーランス・フォトグラファーとして活躍する。

その後、30代より起業を志すようになり、2006年のノーベル平和賞受賞者であるムハマド・ユヌス氏の「ソーシャルビジネス」という理念に感銘を受けて、2009年に株式会社ワンズワードを起業する。

そして、2009年12月よりレッスンの質の高さを売りにしたオンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を立ち上げる。順調に生徒数を伸ばし、事業が軌道に乗ったことを機に、2011年よりブエノスアイレスへと移住する。 http://jp.oneswordonline.com

 

ブエノスアイレスでは2年かけて、スペイン語とタンゴを身に付けた後、世界一周の旅に出て、ヨーロッパ、アジア、それにアメリカ大陸を約7ヶ月かけて旅をする。そして、その途中で立ち寄ったメキシコのこれからの可能性に惚れて、2013年7月より第三の故郷としてメキシコシティに居住する。

2014年3月にはメキシコを含めた中南米・南米の英語学習者のためにスペイン語版、ポルトガル語版、それに英語版のオンライン英会話スクールを立ち上げる。 現在は、ブエノスアイレス、メキシコシティ、それに日本を行き来して、ソーシャルビジネスの理念の普及と事業拡大を目指している。

サロンプランを選択する