ログイン・会員登録

Synapseはオンラインサロン・プラットフォームです。>もっと詳しく

広瀬塾 〜レジリエンス力養成〜

広瀬塾 〜レジリエンス力養成〜

サロン概要

■サロンについて
広瀬の専門はスポーツビジネスです。五輪エンブレム問題や新国立競技場問題のような社会性の高い話題から、各種メジャースポーツのチーム経営・リーグ経営等に至るトピックまで広く扱っていく予定です。一般的なビジネスにも汎用性のある「マネジメントスキル」と、スポーツ産業の「独自性」を構造的・体系的に理解した上で、実践する力を共に養っていきましょう。

■レジリエンスとは
レジリエンス(resilience)とは、「回復する力」「立ち直る力」のことです。現代社会には、「不測・不慮の事態」が発生するリスクが存在します。「リスクは存在しない」という前提では、対処を誤ります。それは、「9.11」で得た私たちの最大の教訓です。ビジネスの世界では、必ず多くの問題が発生しますが、「レジリエントな会社」は、それらの問題にしなやかに対応し、試練を乗り越える「事業継続能力」の高い会社を指します。そもそも社会には問題があり、その問題を解決することに価値があるからこそ対価を払うビジネスになるのです。端的に言って、ビジネス能力とは「問題解決能力」の別称なのです。(問題発見能力は、全てのビジネスの基礎です)。問題解決能力を高め、レジリエンス力を付けましょう。

コンテンツ概要

■オンラインコンテンツ
1)20世紀を知る (コラム2千字/1回/週)
現在の社会の問題の多くは、その根源が20世紀に求められます。従って、20世紀のことを知ることは重要です。「因果関係」を把握しないと、問題解決には至りません。そこで、このサロンではは、まず「20世紀を知る」ことから開始します。毎週1回2千字前後で20世紀を辿る旅をしましょう。50回の連載で完結する予定です。

2)今を知る (コラム2千字/1回/週)
同時に、現在進行中の現象をどう捉えるべきか、時々のトピックに言及したり、受講生からの質問に応えたりする自由なテーマで週一回2千字程度のコラムをアップします。映画評やブックレビューもここで行ないます。

■オフラインコンテンツ
3)自分を知る (講義1回/月)
戦略思考やフレーム思考をテーマにしたゼミ講義も月に1回(第2火曜日)を実施します。こちらは受講料3千円(非会員は5千円)/1回で先着20名。A会員の方は無料で参加できます。

■その他特典
・サッカーマガジンZONEにて連載中の「世界一わかりやすいスポーツビジネス」にて掲載しきれなかった内容や連載裏話を配信します。表では言えない内容もサロン内ではバシバシと発言していきます。
・広瀬が過去にメディアに寄稿したテキストや連載記事、過去の著作・論文等をまとめたライブラリへのアクセス権を付与します。積極的にご活用ください。
・リアルゼミでは皆様のご要望に応じて特別にゲストブッキング等も行っていく予定ですので、積極的な参加をいただけたらと思います。
・ご自身で企画をお持ちの方やキャリアアッププランのある方へのメンタリング等を必要に応じて行います。

広瀬一郎について

■職歴等
1980.04 株式会社電通入社 第8連絡局配属(トヨタ担当営業)
1984-94 ワールドカップを含めサッカーを中心とした団体スポーツのイベントプロデュース多数
1994.11 2002年ワールドカップ招致委員会事務局出向
1997.01 同社コーポレートコミュニケーション局
1999.12 Jリーグ経営諮問委員会委員就任(任期2年)
2000.07 スポーツ・ナビゲーション設立、代表取締役就任
2002.08 同社を退社
2002.11 独立行政法人経済産業研究所(RIETI) 上席研究員就任
2004.06 スポーツ総合研究所設立、所長就任
2004.10 独立行政法人経済産業研究所(RIETI) 離職(10.31)
2005.04 江戸川大学社会学部教授就任
2008.04 多摩大学大学院教授就任

■委員等
2007年~ スポーツ振興法改訂アドバイサリーメンバー
2008年~ ラグビー協会トップリーグ事業委員会委員

■著書
『プロのためのスポーツマーケティング』電通, 1994
『メディアスポーツ』読売新聞社, 1997
『ドットコム・スポーツ』TBSブリタニカ, 2001
『スポーツマンシップを考える』ベースボール・マガジン社, 2002.10
『新スポーツマーケティング~制度改革に向けて~』創文企画, 2002.11.30
『「Jリーグ」のマネジメント』東洋経済新報社, 2004.9.30
『スポーツマネジメント入門』東洋経済新報社, 2005.4.12
『サッカーマーケティング』ブックハウスHD, 2006.6.16
『スポーツMBA』(共著・監修)創文企画, 2006.6.30

■論文
『スポーツのソーシャル・パフォーマンス』「スポーツ産業学研究Vol.9」, 1999
『スポーツ産業とロール・モデル』「21世紀と体育・スポーツ科学の発展」杏林書院, 2000

お問い合わせ

Synapse(シナプス)はシナプス株式会社(旧名称:株式会社モバキッズ)が運営しております。お申し込みに関するお問い合わせや、退会手続き、その他システム・不具合・使い方などはよくあるご質問に掲載しております。

よくあるご質問:こちら

※営業時間は9時〜19時(土日祝、年末年始除く)となります。3営業日以上経っても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

A会員

50名限定! 毎月のリアルゼミ参加費込のプランです

料金:月額 5,000円 初月無料

入会する

B会員

オンラインコンテンツの利用のみのプランです。毎月のリアルゼミに参加するには別途3,000円を頂きます

料金:月額 3,000円 初月無料

入会する

学割会員

A会員と同様のプラン。24歳以下の大学生・大学院生・専門学校生限定の特別プランです。

料金:月額 1,000円 初月無料

入会する

基本情報

募集人数:100人

サロンオーナー

広瀬一郎

1980年に電通入社。トヨタカップ等多くの国際的スポーツ事業に関わる。2002年のWカップ招致活動にも従事。電通を辞し、スポーツ・ナビゲーション設立し、後に、ヤフーに事業譲渡。経済産業研究所でスポーツ産業の研究の後、江戸川大学、多摩大学の教授を歴任。「スポーツ産業論」「スポーツマンシップ論」を講義。スポーツ総合研究所を設立し、スポーツビジネスのコンサルティングをする一方で、NPOを創立し、スポーツマンシップの普及に努めている。

詳細は、こちら。
http://www.sports-soken.com/profile/index.html

このサロンをシェア