ログイン・会員登録

Synapseはオンラインサロン・プラットフォームです。>もっと詳しく

きさらぎ 陽の思考の部屋

きさらぎ 陽の思考の部屋

サロン内容

こんにちは、きさらぎ 陽と申します。


 


多くの人たちは、『自分は思考をしている。考えている』と思っています。


しかし、それは、『本当の思考』ではありません。


私は、本物のツインソウル、ツインレイに不足しているものは、『本当の思考である』と考えています。


本当の思考をする際に必要になってくることは、自分に向き合うということです。


自分に向き合う=『内観をすること』です。


私は、内観は、『自分の考えを見いだす作業』であると考えています。


多くの人たちが『自分の考え』と思っているのは、実は、誰かによって植え付けられた『思考』であることがほとんどです。


 


また、困難な体験や出来事を経験した人は


『自分のやりたいことは何だろうか?』


『自分とはいったい何なのか?』と考えるようになります。


それは、困難な体験や出来事という『現象』が、その人へ『人としての学びのきっかけを与えた』と言えます。


つまり、自分を探し始めるということです。


私は、内観を自分自身で少しずつ行った先にあるもの。それが、『本当の思考』であると考えています。


ただし、その段階に来るには、数年かかる人も少なくありません。


こちらのサロンでは、おもに、本物のツインソウル、ツインレイと自覚があり学びを進めている方、また、内観を行っている方へのヒントをお伝えしていきます。


そのヒントが以下のコンテンツとなります。


 


 


 


 


きさらぎ陽HP 『ルールブレイカー』


 


 


 


 

コンテンツ一覧

★オンライン★


・文章を書くということについて(知人のメッセージ『ツインソウル(レイ)の男性たちへ』を引用し、その解読文について)


・自問自答について(知人からの宇宙のメッセージの原文を引用し、自問自答の例文の提示)


・価値と自分で価値付けすることについて


(大事な人との食事や身体に良いと思う食べ物、自分に合った質のよい衣服について、まず考えてみること。それが『本当の価値』に気づくことに繋がります)


・宣言する、言い切るという大切さ


 


※コンテンツについてのサロン内での質問可能です。


 


★オフライン★



東京都内を中心に、カフェ、喫茶店などで『思考カフェ』のお知らせ。(不定期) 


 


 

ご留意事項

こちらのサロンは、内観をする際のヒント、思考をする際のヒントをお伝えしています。


それは、自立へのヒントです。


この場合の自立とは、『精神の自立』ということになります。


よって、同じような体験からの辛さを分かち合いたい、同じ体験をした者同士繋がりたい、という方はご遠慮ください。


 


 


当サロンは、会員限定のサロンです。


公序良俗に反する投稿、他のメンバーを不快にさせる行為、プライバシーに侵害する行為を禁止いたします。


メンバーの方が快く過ごせる場所、また、学びを進める場所となるようご配慮ください。

こんな方におすすめです

・各々の意見交換を求めている方。


・ツインソウル(レイ)ではないが、人としての学びを深める考えをお持ちの方。


 

お問い合わせ

Synapse(シナプス)はシナプス株式会社(旧名称:株式会社モバキッズ)が運営しております。お申し込みに関するお問い合わせや、退会手続き、その他システム・不具合・使い方などはよくあるご質問に掲載しております。

よくあるご質問:こちら

※営業時間は9時〜19時(土日祝、年末年始除く)となります。3営業日以上経っても返信がない場合、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。

一般の方

料金:月額 3,000円

入会する

基本情報

募集人数:10人

サロンオーナー

きさらぎ 陽

女性。
福島県在住。
『ツインソウル』という体験から『人としてどう生きるのか』という考え方に至りました。
そのきっかけが、2015年10月より受け取り始めた 『宇宙からのメッセージ』です。
今までは、知人が受け取った宇宙のメッセージの『原文』とそれを解読した『解読文』という形で、ブログ等で発信してまいりました。 現在は、メルマガ『あなたはどうしたいのですか?』『ツインソウル(レイ)の男性たちへ』の2誌で原文を発信し、それ以外のメルマガやnote等では、きさらぎ陽自身の言葉を発信しています。


すべては、人としてどう生きていくか、または、どうあるべきかという学びの『きっかけである』と考えています。


ツインソウル、宇宙のメッセージ、今までのいろいろな困難や経験すべてです。


私は、そこから、『自分は何を学びとるのか』ということを、いつも考え続けています。

このサロンをシェア